海野まんぼう水族館

サラリーマンが初めて四コマ漫画を描いてみた

孫の代までウサギとカメ
RPGツクール
海野まんぼうの持論
PS4PSPlusフリープレイ

絵が下手な私が自分の四コマを電子書籍にして出版しかけた話

自己満の四コママンガ「孫の代までウサギとカメ」を描き終えたので電子書籍にして自分だけで楽しもうと思ったら出版しかけた話です。

 

その中で、以下のことを学びました。

・誰しも電子書籍でセルフ出版ができる世の中と知る
・電子書籍の作成は文字ならword、絵なら画像
・媒体がKindleなら変換も出版も楽
・収益化手段も3つあった

 

これまで、自分で溜めていた作品があったら出してみても良いですよね。個人が輝ける良い時代になったと改めて痛感しました。ちなみに、私は危うく出版手前になっている身です。Kindleの無料インディーズ枠で「孫の代までウサギとカメ」のシリーズ枠が作られ消去できない状況です笑。中身自体はUPしてはいないですがどうなることか。自分のKindleで読んでみたかっただけなのに。。。

 

f:id:uminomanbou:20200317214634p:plain

はじめに

もともと、四コマを描くにあたって1話をA4に4話入る画像サイズで作っていました。ブログ上で電子書籍形式で読めるような”何か”があると予想しての対応です。1話ごとにページを更新するのもダルイですしね。もしくは、印刷して本にしてニヤニヤしようと思っていました。

 

しかし、結論としてはその”何か”は特に無かったオチです。

 

確かに文字の場合はテキストで良いし、マンガは画像形式で良いです。無理してブログ上に電子書籍ファイルとして読めるようにしなくても手段はありそうです。

 

とはいえ、自分で電子書籍ファイルを作りセルフ出版することは可能です。

時代だなぁと感心しつつ、自分のKindleで読めるように作成してみることにしました。

 

↓これをどうしてもKindleで読みたい↓ 

絵が下手な私が自分の四コマを電子書籍にして出版しかけた話

全話リンク

 

マンガの電子書籍化は画像が楽な話

自分のマンガを電子書籍にするにあたって私には理想の状態がありました。それは、各話の下にブログで書いたコメントも添えることです。そこで、電子書籍用にファイルを作成することにしました。

↓こんな感じ↓

絵が下手な私が自分の四コマを電子書籍にして出版しかけた話

 

手段は Word や PNG を 電子書籍のファイル形式である epub や mobi に変換してKindl上で読み込むという方式です。
ここらへんのやり方は既にたくさんの記事が世の中にあるので別を参考にして下さい。

私のイメージ画像はWordに四コマ画像とテキストの箱を置いているだけです。しかし、これをepubに変換する手段をいくつか試したのですが上手くできんのです。

 

・文章のフォントが未対応
・画像が荒れる※特にトーン
・配置した画像の位置ずれ

 

これらが発生します。もしくはエラー。むふー

100話近くを編集しなおすのが面倒だったのでここでストップしてます。

ちなみに、文字が基本なエッセイや小説だとWordで十分そうです。見出しも自動で目次化してくれるみたいですし良さそうです。

そこで、理想状態ではなく画像だけで書籍化できるか試しました。

そして、

 

 

これが楽!

 

 

Kindle自体が提供している「Kindle Comic creater」に画像ファイルをまとめてぶち込むだけです。エクスポートすればmobiファイル形式で出力してくれます。あとは「Kindle Previewer」で実際に表示されるか確認するだけ。このファイル形式で出版まで可能です。

 

注意点は以下です。

・画像ファイル名はナンバリング順でページ順になる
・画像ファイル1枚が1ページになる
※見開き順や真ん中の空白とかはイジれます。

 

そのため、私が理想としていた見開きで画像4枚&テキスト追加はできませんでした。これはしょうがないですね。今後、マンガを電子書籍にしたいときは全て1枚の画像にまとめますわ。

 

 

Kindleで出版しかけた話

1枚ずつですが100話をまとめたmobiファイルが作れたのでKindleで読めるか試そうと思いました。


KindleはAmazonアカウントを持っている人は誰でもログインできます。さらに、出版も可能です。公式の説明を読む限りは作成したファイルは出版のルートを辿らないと本棚行きにはならないようだったので「出版は取り消せるだろう」と思い途中まで進行しました。

 

出版方法は3つあります。

・Kindleで1単価で出版
これが普通で書籍1つに単価をつけて売り出す方法です。自分で価格を決めて、他の媒体で広告を出したりできる人には良いですね。

・Kindle読み放題に出版
読み放題サービスに登録されて閲覧ページ数で収益が発生します。1単価別よりも人の目に触れるので名前を売るのに良いですね。作品自体は無料なので気軽に読んでもらえるかも。

・無料インディーズに出版
素人マンガ専用で人気作には寄付金が発生します。他にもある無料マンガ投稿サイトをKindleもやりましたというだけです。しかし、寄付金ってどの程度なんすかね。この無料インディーズは独占権が無い、つまり、他の媒体に公開した作品でもアップして良いよという良さがあります。私のマンガはブログに公開しているためこれ一択です。

  

ついでに、収益についても記載しました。私は人様からお金を頂くことを目的にはしていないのでどうでもいいのですがね。


ここまでは順調です。

出版までは作品シリーズを作り、そこにエピソード別に先ほどのmobiファイルをアップするだけでOKということです。

 

↓シリーズ↓ 

絵が下手な私が自分の四コマを電子書籍にして出版しかけた話

 

ちょ、シリーズ作ったら消せない件。

 

んーなんか70時間以内にこのシリーズが無料インディーズのサイト上に作られるみたいです。笑
編集は可能ですが取り消す項目が見つからん。
エピソード投稿はしていないので中はすっからかんですがどうなることやら。
このまま放置するか、さきほど作ったファイルを投稿するか・・・

 

ということで、出版しかけた話です。
どうなるか経過観察しますがエピソードファイルを公開するつもりはありません。

 

Kindle上で作品公開せずに自分のマンガをみるためにはDropBoxからKindleに送るという手もあるみたいです。気が向いたらやってみます。

 

最後に

絵が下手な私が自分の四コマを電子書籍化して、

 

・誰しも電子書籍でセルフ出版ができる世の中と知る
・電子書籍の作成は文字ならword、絵なら画像
・媒体がKindleなら変換も出版も楽
・収益化手段も3つあった

 

ということを学びました。そして、出版しかけております。笑

 

ですが、色々と学びもあったので良しとしましょう。次にマンガを電子書籍化するときは全て画像にします。すぐできるし良いでしょう。次回作が見れるのは電子書籍でかもしれません。。。

 

※後日追記
Kindleを確認すると、やはりシリーズとしては公開となっていました。しかし、公開後に出版停止の項目がありました。そのため、無事に停止できています。

さらに、100話をまとめて読めるようにするために、私が愛用しているお絵かきソフト「メディバンペイント」のマイページにアップしました。電子書籍では読めませんが、これでWEB上で全話一気読みが可能となりやした。以下、リンクです。

 

 まとめて読む

 

私の絵の描き方の持論を以下の記事にまとめています。