海野まんぼう水族館

サラリーマンが初めて四コマ漫画を描いてみた

孫の代までウサギとカメ
RPGツクール
海野まんぼうの持論
PS4PSPlusフリープレイ

【もしかぶ】 もし不労所得生活をするなら年に150万を稼げばいい説

この記事では、夢の不労所得だけで生活をするにはいくらあればいいか?について妄想しています。

不労所得で生活できたら好きな事だけに時間を使えるので良いですよね。私の場合は、ゲームして、絵を描いて、サウナ行って、、、色々と思いつきます。

そこで、現実的に不労所得生活ができるのか妄想してみました。

 

≪ 目標 ≫
不労所得=固定費+変動費


目標は支出を全て不労所得で賄うこと。支出は固定費と変動費に分けて考えます。

これができれば、その日暮らしできますね。お金に困ったら日雇いバイトで繋ぐことにします。笑

不労所得生活を勧めるまんぼう 

固定費

固定費は 毎月or毎年 に確定で発生する一定額の費用です。

そのため、”収入に対して〇〇%を固定費で払う”といった財務管理が容易です。自身の生活の質に依存している項目が多いです。


・種類一覧
では、固定費の種類を挙げていきましょう。
※使用料で決まる変動額も含む費用も挙げています。

・住居費(ローン、家賃)
・光熱費(水道、ガス、電気)
・通信費(携帯、ネット)
・保険料(生命保険等)
・年金 (国民年金)
・教育費(奨学金、習い事、お小遣い)
・車用費(ローン、駐車場、ガソリン)
・年会費(クレカ、Amazon、ジム)

他に、毎月アイドルに1万落としている人は固定費に入れたらどうですかね。
私の場合はPSPlusに毎年5000円支払ってます。

このように、その人によって額が異なるため自分のパターンは自分で計算するしか無いです。不労所得と関係なく、見直してみてはどうでしょうか。

 

・シミュレーション

例として、現実的に不労所得生活ができそうな独身1人暮らしで想定して費用を決めてきます。

 

・住居費:6万/月
独身で都心から離れた1DKならこの額で住めます。地方ならもっと安いですが車が必要な地域が多いのでバスや電車で活動できる都心住まいが良いですね。シェアハウス等で下げるのもアリです。

・光熱費:1万/月
ここはオール電化やプロパンガスなど住居状況で異なります。まぁ感覚で記載しました。ここを減らしたい人はガス無住居を選び、電気の節約をするといいと思います。

・通信費:5000円/携帯
最近はスマホで済む時代なので家にネットを繋ぐ必要は無いでしょう。そのため、携帯を使いホーダイの額にしています。

・保険料:0円
独身でその日暮らしの方は病気になったら負けゲーです。ここは覚悟のポイントでしょうか。火災保険など色々な保険がありますが運ゲーにどこまで費用をかけるかはあなた次第です。

・年金:0円
働いていなくとも国民年金は支払います。年間20万くらいでしたっけ。しかし、ニート状態なので全額免除の申請ができるはずです。たしか、将来受け取る額は半額ほどになりますが毎月の支払いは無くせます。※記憶で書いてます

・教育費:0円
その日暮らしを目指す方が、借金やスキルアップを目指すはどうかしていると思います。借金しているなら返せ、子供がいるなら働け、スキルアップは活かせです。

・車用費:0円
都心で暮らせば車は要りません。

・年会費:0円
ここも余計な契約は全て切りましょう。特に必須で利用するようなもんは無いですよ。贅沢禁止です。

 

以上です。

私の想定ケースだと だいたい7.5万円/月(90万/年)は固定費として発生します。もちろん、普通の生活をしている方はこの額より増えると思います。家賃を詰めてその他に回すことも可能なので1つの目安とさせて下さい。

 

変動費

固定費は切り詰めるのが大変です。生活に必要なことが多いですしね。契約に依存する部分も多いので節約も難しいです。


 ≪ 目標 ≫
不労所得=90万/年
+変動費


一方で、変動費は自分の意志が固ければ節約できることが多いです。

変動費は 額がその時々で変わる費用です。毎日の費用もあれば、突発的な費用もあります。デイリーイベンドと限定イベントみたいなもんですかね。

 

◆種類

では、変動費の種類を挙げていきましょう。


・食費

・交通費(バス、電車)
・雑費(日用品、衣服、美容院)
・交際費(冠婚葬祭、彼女、飲み会)
・医療費
・娯楽費

 
思いついたのがこんなもんです。まぁ節約できるけども、節約すると人としての何かを失いますね。なんで、不労所得生活をしたいか?によるとこでしょうか。実際は、交際費、娯楽費が自然と費用として増えるのかなと思います。


◆シミュレーション
例として、固定費と同様に現実的に不労所得生活ができそうな独身1人暮らしで想定して費用を決めてきます。

 

・食費:3万/月
よく月3万って耳にしますが1000円/日で過ごせるか疑問ですよね。外食すると1発で飛びます。不労所得生活は自炊の余裕があるので可能な額なのかななんて。

・交通費:0円/月
ここ迷いましたが暇なんで自転車を趣味にしている設定にしました。自転車で遠出しましょう。

・雑費:1000円/月
日用品はしょうがないですね。服は古着。髪は自分で切る。

・交際費:1万円/月
月1飲み会は許しましょうか。冠婚葬祭があると我慢する月が発生しますね。彼女は作らない。作る場合はお金持ちとしましょう。

・医療費:0円/月
私の場合を記載しました。私は今のところ医者の面倒にかかっていない人生です。歯医者を少しくらい。花粉症でも無いですしね。

・娯楽費:9000円/月
交際費と同様に趣味に使わせて下さい。暇なはずなんで。ここから、固定費の年会費に使用してもいいかと思います。

 

以上です。

私の想定ケースだと だいたい5万円/月(60万/年)は変動費として発生します。娯楽と交際費に割いているので、完全に社会と別れることができる人は0円でどうでしょうか。そうすると3万/月になります。

 

まとめると、設定する目標額は 

 

 ≪ 目標 ≫
不労所得=90万/年
+60万/年=150万/年

 

となります。

もし、家賃を3万/月、社会遮断で2万/月の削減になるので90万/年に下げることはできます。また、もっとお金がかかる場合でも1人暮らしであれば200万/年で十分な暮らしができるのではないでしょうか。

 

まとめ

支出を全て不労所得で賄うことを目標に支出試算をしました。

 

 ≪ 目標 ≫
不労所得=150万/年

 

結論として、独身1人暮らしの不労所得生活に必要な年間当たりの費用は150万ということが分かりました。

もっと下げたい人は

 ・家賃を下げる
 ・人と交流しない

これで100万以下も目指せます。でも、そんな人生嫌ですよね。

自分が満足する生活水準で固定費と変動費を計算してみてはどうでしょうか。

その額があなたの夢の不労所得生活に必要な額となります。

 

不労所得生活のために生活水準を下げる

 

最後に

 

不労所得と関係なく、固定費と変動費の考えはご自身の財務状況を把握する上で有効です。そのために、家計簿をつけてみてはどうでしょうか。最近はキャッシュレス決済で使用した費用も簡単に分かります。

 

給与ー(固定費+変動費)=貯金額

 

給与から固定費と変動費を引くと貯金額がでます。貯金できない人は家計簿をつけて確認し、一番費用が高いところを下げることが効果的です。固定費は家賃、変動費は食費。基本的にはここが高いと貯金できないと思います。

 

何が言いたいかというと、貯金できない人は不労所得生活もできないよって思った話。

不労所得生活は節制生活かー



 以下の記事で、不労所得生活のための投資金額について考えています。

 

 妄想記事まとめに戻る